HOME > 製品案内TOP(全ての製品一覧) > 研削機製品一覧 > ウルトラサンダー HK-10H製品の特長使用例消耗品Q&A

ハンディ研削機 ウルトラサンダー HK-10H

ウルトラサンダー HK-10H

あらゆる表面処理から粉じんを追放

※こちらの製品は2015年9月までの旧タイプの機種になります。
新タイプの「研削機 ウルトラサンダー HK-10M」はこちらからご覧いただけます。
HK-10H
ウルトラサンダー HK-10H 仕様
形式 HK-10H
 
電源(V) 単層100
(50/60Hz共有)
電流(A) 10.5
全長×全幅×全高(mm) 317×126×144
質量(kg) 1.98
研削幅(mm) 94
(カッター類は共通)
回転数(min-1) 10100
電源コード長(m) 2.5
(二重絶縁にてアース不要)
標準付属品
ロックナットレンチ×1個
片口メガネレンチ(24mm)×1本
フランジ×1個
六角ロックナット×1個
標準用ゴムスカート(予備)×1set
ワッシャ(大)×4枚、ワッシャ(小)×2枚
集じんホース組品:φ25(3m)+φ32(0.1m)×1本
ナイロンバンド×3本
■製品についてのお問い合せ | ■製品カタログのダウンロードPDF1.52MB
ハンディ研削機 ウルトラサンダー HK-10Hの特長

ページのトップへ戻る

表面処理作業から粉じん飛散を解消
集じん機との接続で粉じん飛散を解消します。
壁際ギリギリ、狭い所もお手のもの
大型機では不可能な壁際のハツリ残し、狭小部の研削作業を可能にしました。切削残し幅はゴムスカート付きで壁際0mmまで切削可能。 HK-10H
塗膜の除去に抜群の効率
ウルトラカップの焼結ダイヤモンド製切削刃は、小型で接地面積が小さく、高い加圧力で塗膜に食い込み、下地より厚膜にて切削除去するので目づまりがなく切削効率が抜群です。軟質材から硬質材までの切削除去もOK! 新開発のリバーシブルプレート
六角ロックナット(改良品)を採用

従来のロックナットでは固着して取り外しが困難・・・なんて事も。

そこで、六角タイプに改良する事により、片口メガネレンチにて簡単に確実に取り外す事が可能となりました。

六角ロックナット(改良品)を採用

驚くほどの均一仕上げが可能
本体下部のベースを床面に密着させて作業することで、サンダ-の研削姿勢と加重が安定し、従来のサンダ-ケレンでは想像できないほどの均一で美しい仕上がりを実現します。 HK-10H
ハンディ研削機 ウルトラサンダー HK-10Hの使用例

ページのトップへ戻る

ハンディ研削機 ウルトラサンダー HK-10Hの使用カッター

ページのトップへ戻る


ハンディ研削機 ウルトラサンダー HK-10Hのよくある質問

ページのトップへ戻る

よくある質問の一覧ページへ
よくある質問の一覧ページ